imageおはようございます。

昨日無事、更科丸屋としての営業を全て無事終え、閉店させて頂きました。

東中野で12年間、蕎麦屋として営業してきた暖簾を昨日の営業を持ちまして降ろさせて頂きました。

昨日は最終営業日ということもあり、食材もご提供させて頂くメニューも通常よりずっと少な目だったにも関わらず、オープンから閉店まで一度もお客様が切れることなく沢山のお客様にご来店頂き、改めて更科丸屋は良いお客様に支えられて12年間の営業を終えることが出来たことを痛感させて頂きました。

昨日のみならず、『更科丸屋の閉店を知ってもう一度お父さんのお蕎麦食べたくて』とご来店頂いたお客様がこの1か月本当に多かったように思います。

私が更科丸屋の女将として(当時見習い)お店に入ったのが今から約8年、そのころを振り返ってみても本当に長いようで短い8年間でした。息子が生まれる少し前から手伝い始めたため、丸屋と息子は私にとって子供と同じような存在だったのかもしれません。

丸屋と息子がよりよく育ち、沢山の人に愛され、それが私と家族の楽しく幸せに過ごせるチカラになったことは言うまでもありません。

父に至っては55年という蕎麦人生に区切りをつけることとなりましたが、このように沢山の方々から惜しまれての幕引きは考えていなかったように思います。

本日よりしばらく業態変更のためお休みを頂きます。

ブログでは、これからリニューアルオープンまでの間の丸屋の様子や新しい丸屋について綴って行きたいと思います。

リニューアルオープンは6月初旬を予定しております。新しい丸屋も引き続きよろしくお願いいたします。

更科丸屋を支えて下さったすべての皆様にお礼申し上げます。ありがとうございました。