imageこんばんわ。今朝は主人が約1か月ぶりに築地に仕入に行きました。いよいよ明日と明後日はプレオープン、来週月曜日にはグランドオープンを迎えます。

主人は早速、明日のプレオープンの仕込みで帰って来ませんwww

そんな訳で、お酒も食材も続々と入荷しております。

本日入荷があったのは、グランドオープンの時にふるまい酒として提供させて頂く予定の川西屋さんの黒隆の白字と金字の濁り酒をはじめとした川西屋さんのラインナップが届きました。

振る舞い酒に使う予定のお酒は出荷量がものすごく少ない上に高級品♪

そして、丸屋のお酒は一杯1000円以上にはしたくないというのがモットー。でも、このお酒お店で出そうと思ったら軽く1000円は超えてきちゃいます💛

私は高いお酒には高いだけのワケがあると思っている訳ですが、高くてレアなお酒となれば中々口にすることが出来ないのが現実。でも、口にしなくちゃ美味しいかどうかなんてわからない。それなら、値段が付かない振る舞い酒でなら提供できるじゃないかという無茶苦茶な(?)女将理論でこのお酒を振る舞い酒にすることに決めちゃいましたww

しかし、希少なこちらの白文字と金文字の黒隆の濁りはそれぞれ四合瓶で1本ずつしかご用意出来ないため、6日、7日に分けてそれぞれ提供させて頂きます(お一人様80ml前後)。どちらのお酒が出るかはご来店してからのお楽しみとさせて下さい。

6日、7日にご来店頂いた方で、黒隆の振る舞い酒に間に合わなったお客様にも他のお酒を振る舞わせて頂きますので是非ご来店下さいませ♪♪♪

その他、磯蔵酒造からは稲里が三種類。旧更科丸屋では『稲里 純米 日本晴』のみでしたが、和ごはん一献 丸屋では、『稲里 純米』『稲里 純米 日本晴』『稲里 本醸造 生(300ml)』の三種類の提供となります。

imageそして、稲里の蔵元さんにご紹介頂いた茨城のKamosから届いた香りと味わいの深い無農薬野菜も届きました。土を醸す為の微生物のお世話をしているだけとお話下さいました。お米を醸して出来るのが日本酒、土を醸して出来るのが野菜・・・。美味しいものは微生物に有りなのかもしれません。

そんな微生物の作るものに魅入られた和ごはん一献 丸屋は美味しい楽しいをモットーに6月6日の準備を着々と進めております。

お店のご予約は、電話(03-3361-2875)の他、HPからのお問合せFacebookページからのメッセージ、Twitterからのダイレクトメッセージからも承っております。

HP及びSNSからのお問合せにつきましては、コチラからの返信を持ちまして予約完了とさせて頂きます。また、当日の席予約及びご予約に関しましては電話からのみお受けさせて頂きますので、よろしくお願い致します。

また、コース料理及び鱧三昧セットの提供は6月13日からとなりますので合わせてよろしくお願い致します。