imageおはようございます。

先週末7月9日(土)に無事「第四回竹雀蔵元を囲む会」を開催させて頂きました。

今回は、4回目にして初めて、大塚酒造から女将一人でご参加頂いたということで、

『雀ちゃん、はじめてのおつかい in 丸屋』というサブタイトルが付いておりました。本当のことを言えば、お一人で色々なイベントに既にご参加されている訳ではないのですが、そんな可愛らしさを思わせる女将のキャラなのだと思いました。

今回は、女将単身での蔵の会&酒のはしもと様より爽やかなお燗番小野寺さんが初参戦、そして新しくなった丸屋という新しいことが三つ重なったイベントだったわけですが、その結果と言えば本当に丸屋が目指す気軽で美味しくて楽しい会にすることが出来ました。

お酒の細かいうんちくはほぼ無いのに、イベントの最後には間違いなく参加者全員が竹雀の美味しさと竹雀の女将の魅力に魅了され、竹雀の大ファンになってました。つまり、データではなく、自分で感じた感覚で竹雀のファンになって頂いたということ。

コレって実はとても大切で丸屋が目指していることなんです。そういう意味で丸屋が目指す丸屋らしいお酒の会だったなぁ~と改めて思っています。

竹雀は一体どこで買えるのか?と言うご質問もあり、小野寺さんがお客様に名刺を渡すというシーンも・・・

ちなみに、丸屋では丸屋が普段お取引させて頂いている酒販店さんのショップカードは常にご用意させて頂いておりますので、丸屋で気になったお酒を自宅でも飲みたい!と思ったお客様は是非、女将か店主までお気軽に聞いて下さいね☆

イベントのお酒のラインナップとお品書きは下記の通りです。

今回もお料理の写真は参加者の皆様より拝借致しました。また、来年も竹雀の会を開催させて頂ける様、頑張ります。

蔵元をはじめ、酒のはしもとの小野寺さん参加者の皆様ありがとうございました。

次回、丸屋のイベントは8月開催の真夏の純米にごり燗祭り(裏丸屋スタイル)になります。店内先行予約は本日7月11日(月)より開始させて頂きますので、よろしくお願い致します。


~出品酒~

一、竹雀 超辛口純米うすにごり
二、竹雀 超辛口純米酒
三、竹雀 山廃純米吟醸雄町(ピンクラベル)
四、竹雀 山廃純米雄町70(青ラベル)
五、竹雀 山廃純米山田錦 (赤ラベル)
六、竹雀 山廃純米

~お品書き~

前菜:自家製枝豆豆腐
   楓翡翠冬瓜
   平政幽庵焼・稚鮎南蛮漬け
   赤玉葱ピクルス
   姫トマトチーズ射込み
   生野菜と自家製酒粕味噌

造り:〆サバ・赤海老・昆布〆真鯛

焼物:帆立バター焼き

油物:玉蜀黍・鱧・パセリの天盛り

煮物:冷製鶏煮凝り

酢の物:炙り蛸と水雲

食事:辛み蕎麦

水菓子:自家製紫じゃが芋のプリン

image