おはようございます。

昨日は、川西屋の露木社長にご来店頂き、四回目となる川西屋蔵元を囲む会を開催させて頂きました。

毎年蔵の会を開催するにあたって何らかのテーマを設けてお品書きを作る主人ですが、今回のテーマは『いつもの丸屋』。

普段のイベントは主人が普段の営業で提供することが難しい、仕込みの大変なお料理が中心になることが多いのですが、今回は丸屋で普段お出ししているお料理をメインに、何故丸屋のお料理には川西屋さんのお酒なのか??を体感して頂く内容のお料理になりました。

今回も和光の牧島酒店から牧嶋さんにお燗番をお願いして着て頂きました。

露木社長のお燗酒に対する考え方思い、お燗酒の有り方、お燗の楽しみ方などのお話を聞きながらの

牧嶋さんの絶妙なお燗酒劇場は、チロリ、徳利、斗瓶による素材の熱伝導率で変わるお燗の体感、新旧麗峰の飲み比べによる熟成の体感、そしてレギュラー酒を作るにあったて何故お酒をブレンドするのかということを体感して頂く為に、新旧麗峰のブレンド燗などをお楽しみ頂きました。

露木社長が参加者の皆さんに解りやすく説明をされるお話に耳をかたむけながら、そのお話に出て来た内容のお燗を用意する牧嶋さんのお燗番は流石だなぁ~と思いました。

途中お客様とのお話につかまってお燗番が不在になるというアクシデント(?)もありましたが、露木社長がご持参下さった川西屋グッズのじゃんけん会などでも盛り上がり、皆様川西屋さんのお酒を思う存分味わえた楽しい会になった様に思っております。

今回も川西屋さんの素敵なお酒で楽しくて美味しい会を開催することが出来ました。ご参加下さった参加者の皆さん、川西屋さんの露木社長、蔵の皆さん、そして牧嶋酒店の牧島さん、本当にありがとうございました。

このイベントを持ちまして、今年の丸屋の公式イベントは終了となります。(女将企画の非公式イベントはまだありますが・・・)

次回丸屋公式イベントは来年2月開催の日置桜の会(満員御礼)となります。

これからも楽しくて美味しいイベントを末永く続けてまいりたいと思いますので、和ごはん一献 丸屋をよろしくお願い致します。

~今回のお品書き& 出品酒~

《料理》

先 付 天然鰤の自家製生ハム
    柿と酒粕レーズンの白和え
    蕪と鰤の炊き物
    自家燻製鮟肝とチーズ・琥珀卵黄添え
    馬肉のタルタルステーキ
    茶振り海鼠

酢 物   香箱蟹

造 り 天然鰤・天然平目昆布締め・赤海老

蒸 物 鱈白子入り茶碗蒸し

油 物 Kamos南京の薫る春巻

強 肴 晩秋秋刀魚の寄せ物

煮 物 鴨治部煮

食 事 天然真鯛松皮にぎり・サゴチ炙り握り

甘 味 仕込み水で作った信玄餅

 《お酒》

一、隆 白 純米吟醸 若水 まきしませれくしょん仕込45号
二、丹澤山 丸屋蟹専用酒 赤濃 純米原酒
三、丹澤山 丸屋蟹専用酒 白淡 純米吟醸
四、丹沢山 吟造り純米 鑑評会純米燗酒 優秀賞受賞酒
五、丹澤山 桑原めだか米 特別純米    
六、隆 緑 純米吟醸 にごり 25BY
七、丹澤山 麗峰(八代目)
八、丹澤山 麗峰(六代目)
九、丹沢山 山廃 足柄山田錦 18BY