5月のお通し燗は『稲里 純米 日本晴』(茨城)です

おはようございます。今日から5月に入りました。

普段でしたらGW真っ只中、張り切っていきましょうってな感じなのでしょうが、今年はそうもいかず、緊急事態宣言もどうやら今月末くらいまで延長されそうな感じが濃厚になってきましたね。

そんな、自粛ムード高まる中、丸屋は沢山のお客様に支えて頂き、3月4月となんとかお店の営業を続けることができ、5月を迎えました。

まだまだ不安材料は山盛りですが、今はわざわざ丸屋に足を運んでくださるお客様、遠方より丸屋を応援してくださるお客様に感謝の気持ちを忘れずに日々がんばって営業して行きたいと思っております。

今月からとりあえず、緊急事態宣言が終了する月の月末まで(6月に入らないことを期待しています)、お通し燗は替えずに行こうということにしました。

いつでも、ほっこりゆるゆる飲みたくなるお酒『稲里 純米 日本晴』です。

丸屋が苦しいとき、私(女将)が苦しいとき、心の支え、癒しとなった蔵のお酒を選びました。

丸屋が親しくさせて頂いている蔵元さんは稲里だけではありません。親しくさせて頂いているすべての蔵元さんのお酒はもちろんお店、お持ち帰りで提供させて頂いております。

でも、稲里は私、女将にとって特別な思い入れのある蔵で、都内での流通が少ないときに出会って、都内で手に入りやすくなったらいいなぁ~、お小遣いで気軽に飲めるお店に置いてもらえないかなぁ~と思って、自称営業部長を名乗てることもあった十数年前。

今では浅草にアンテナショップもできて、都内の色々なお店で飲めるお酒になってきましたが、都内で気軽に飲めるようになるまで、感覚的には結構時間かかったと感じています。

それが、また今また少なくなっちゃうのかなぁ~という、不安とさみしさを一人のファンとして勝手に感じているのです。

私女将が、都内で気軽に稲里が飲めるようになった最初のお店が丸屋でした。だから、せめて窖が復活するまでは、いつ来ても必ず稲里が飲める!(飲まされる???ww)お店を勝手に丸屋がやりたいなぁ~って思って、店主である主人にわがまま言ってお願いしました。

そんな私の勝手なわがままに店主が許可をくれたので、今月は稲里になりましたwww

丸屋は小さいお店なので沢山の応援はできませんし、むしろ沢山の方々から応援して頂いている立場なのではありますが、こんな時期だからこと好きなもの、好きな人は手放したくないなぁ~と思ってみたりもしております。

そんな女将の我がままでしばらくの間、お通し燗は『稲里 純米 日本晴』になりますので、どうかご容赦の上、お付き合いいただけましたら幸いです。

ただいま5月13日までですが、丸屋で取り扱っている稲里のお酒のうち3種類はお持ち帰りだとちょっぴりお得になります。ニーズが多かったら5月末まで延長予定です。

丸屋の美味しい料理を食べに来てください!!!と大きな声で言える日が来ることを信じて今月も粛々と営業させて頂きます。よろしくお願いいたします\(^o^)/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください