第6回竹雀蔵元を囲む会開催報告☆笑顔溢れる会でした。

昨日、7月21日に6回目となる、竹雀蔵元を囲む会を開催させて頂きました。

今回の会はこの7月の異常な暑さで夏バテになってしまった方も多いのか、募集人数よりは少し少な目の会となりましたが、

少ない分、皆様蔵元と楽しく濃厚な話が出来たようにも思います。丸屋の会の基本は『楽しくて美味しい』です。

もちろん、蔵元が折角いらっしゃっているので、この機会に難しいお話をしても構いません。でも、それは押しつけではなくお役様お一人お一人の興味の延長であって欲しい・・・そんな風に思っています。

今回のお酒の会では、この暑さでも食が進むようにとなるべくサッパリとしたお料理や冷製のものが中心となった為、出品酒のパワーが勝ってしまっているものもありましたが、

こそは、お燗番に駆けつけて下さった正木社長が遊び心タップリのブレンド燗を披露して下さり、参加者の舌を満足させて下さいました。

年々、日本酒の味がレベルアップしている竹雀、毎年ご参加して下さるお客様はそのお酒の著しい成長を、そして新たにご参加下さったお客様は、ポテンシャルの高いお酒の味わいを感じて・・・

そこにひと手間加えた丁寧なお燗酒の技術が加わり、食べる手も軽やかに、盃をかたむけ、そして楽しい話を沢山して本当に笑顔の溢れる会となりました。

今回ご用意させて頂いたお酒とお料理は下記の通りです。

~出品酒~

1.竹雀 夏酒 ブルーボトル(乾杯酒)
2.竹雀 純米酒 超辛口
3.竹雀 山廃純米雄町70 28BY
4.竹雀 山廃純米 ひやおろし 28BY
5.竹雀 山廃純米 山田錦 26BY
6.竹雀 山廃純米 26BY
7.竹雀 山廃純米 25BY
8.竹雀 生もと 純米無濾過生原酒 29BY
9.竹雀 生もと 純米 火入れ 28BY

~お品書き~

先 付 枝豆と無花果の白和え
    玉蜀黍豆腐 叩きオクラのせ
    鱧酒盗和えと自家製鱧薫製
    琥珀卵黄
    万寿貝酒蒸し 酢味噌掛け
    金時草胡麻浸し

造 り 鮮魚三点盛り(カツオ・真鯛松皮昆布〆・赤海老)

油 物 夏の揚げ物(稚鮎・玉蜀黍・青唐・茄子)

強 肴 加賀太胡瓜と海月の酢物

煮 物 夏野菜と薫製鴨の冷製炊き合わせ

食 事 石川芋めし

水菓子 小夏

オマケ 鱧骨せんべい

 また来年も蔵元を産のご都合が付けばご来店頂けると言って頂けましたので、今後とも竹雀を楽しむ会を開催していけたら嬉しく思います。

お忙しい中、お燗番としてご参加下さいました、酒のはしもと正木社長、竹雀蔵元 大塚様、そしてご参加下さった全ての皆様に感謝申し上げます。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください